UQ WiMAXはなんとなく安心、なんて大嘘

UQ WiMAXは本家プロバイダーと言われています。なんとなく本家プロバイダーだから安心だろう、とおもって契約しようと思っている人が多いようですが、考えなおすことをおすすめします。

まず、なんでUQ WiMAXは本家プロバイダーと呼ばれているのでしょうか。

当然ながら、モバイル通信事業を行うには無線電波の帯域を確保しなければなりません。実は、この帯域は無限にあるわけではなく、有限のものなのです。この帯域を好き勝手に使うとすぐにいっぱいになってしまい、無線電波は繋がらなくなってしまいます。

目には見えませんが、電波も混雑することがあるのです。人混みの中で携帯電話が繋がらなくなって経験はありませんか?あれは電波を使っている人が多すぎて、目には見えない電波が混雑している状態です。ちょうど、高速道路で車が渋滞しているようなものです。

なので、「モバイル通信のビジネスを始めたい」と思っても、勝手に電波を飛ばす回線設備を作ってはいけないのです。実は、無線電波の帯域は国が管理していて、これを使うには国が許可を出さなければなりません。

10年ほど前、無線電波の帯域が空いたので、「これを使いたい人手を挙げて〜」という感じで国が募集をしました。何社かが応募した中で、UQコミュニケーションズがこの帯域を利用することを許可されました。そんなわけで、UQコミュニケーションズはこの帯域を使ってモバイル通信事業を始めました。それがWiMAXです。

そういうわけで、UQ WiMAXが本家プロバイダーと呼ばれています。

でも、WiMAXを提供しているプロバイダーって他にもたくさんありますよね。例えばGMO、nifty、biglobe, so-netなどなど…おそらく家電量販店のWiMAXも入れれば、20社ほどあるのではないかと思います。

これらのプロバイダーが国から帯域を利用する許可を得ているのかというと、得ていません。「え、無免許でやってるの?違法」かと思われた方もいるかもしれません。もちろん違法じゃありません。

実は、UQ以外のプロバイダーはUQから回線設備やらなにやらを丸ごと借りているのです。こういうプロバイダーをMVNOと言います。日本語で言うと、仮想移動体通信事業者です。

移動体というのは、通信する部分が移動可能ということです。WiMAXはどこにでも持ち運んでインターネットに繋ぐことができますよね。そういうものを移動体と言います。「移動体通信」は「モバイル通信」という意味です。

「仮想」というのは、自分の会社で通信設備を持たないのに通信事業をやっていることです。

ちなみにUQはMNOと言って、移動体通信事業者といいます。仮想がとれてるわけですね。

話を元にもどしましょう。

UQ以外のプロバイダーはUQから回線を丸ごと借りているということは、つまりどのプロバイダーでも使っている設備は同じということです。プロバイダー間の差がでないということですね。

そういう理由で、UQ WiMAXは高いだけの普通のWiMAX回線です。だってどこで申し込んでも同じなのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>