15日間無料試用、Try WiMAXを利用するときの注意点

WiMAXには、15日間完全無料でWiMAXを試せるTry WiMAXというサービスがあります。非常に便利なサービスなので、WiMAXの契約に不安を感じている人には是非利用して欲しいサービスです。

例えばWiMAXが繋がるかどうかわからないエリアに住んでいる人は、Try WiMAXで繋がることを確かめてから契約すれば安心です。逆に、契約したあとWiMAXが利用できないとわかったら大変です。WiMAXを途中で解約すると1万円以上の高額な違約金がかかってしまうので、非常に損です。Try WiMAXを利用すればこういったことが防げるわけですね。

ただし、Try WiMAXにもいくつか注意点があるので紹介しておきます。

まず、期限厳守ということです。15日間の期限を過ぎてしまうと、機器代金を請求されるというなかなか鬼畜な設定になっています。まあ、1日過ぎても大丈夫だったと言っている人もいたので実際はゆるいのかもしれませんが、規約にはそう書いてあります。送料も含めて完全に無料で提供しているサービスなので、仕方ないのかもしれませんが。

WiMAXを海外で使うには

WiMAXは基本的に国内向けのサービスですが、じつは海外でも使えちゃったりします。海外といっても、今はアメリカと韓国だけのようですが。

また、無料で使えるわけではなくて、有料です。

しかも、WiMAXのモバイルルーターでは使えなくて、WiMAX内蔵パソコンでしか使えません・・・。

なんか大多数の人には役に立たない情報になってきた気がしますが、一応書いておきます。

アメリカだと登録料は無料で、通信量は2時間で4.99ドル、24時間で9.99ドル、7日間で24.99ドルです。

7日間なら中々リーズナブルな価格な気がします。

現地でモバイルルーターをレンタルするといくらかかるのか知りませんが、それよりもかなり安いんじゃないでしょうか。

アメリカだと飲食店や駅等で無料Wi-Fiが使えることが多いっぽいので、なくても別にいけるかもしれません。

日本だと飲食店で無料Wi-Fiってスタバくらいですよね。さすがスタバ。でも、アメリカならどこでも無料Wi-Fiやってるらしいですよ。

引用元: WORLD WiMAX(海外でのWiMAX利用)

WiMAXとWiMAX2+って何が違うの?

WiMAXと一般的に呼ばれているモバイル回線には、じつは2つの種類があります。WiMAXとWiMAX2+という2種類です。いったいなにが違うんでしょうか。

ざっくり言うと、WiMAXが最初に登場した古い回線で、WiMAX2+がより新しい回線です。

WiMAXは最大速度40Mbpsで、通信量無制限なのが特徴です。しかし、今年から通信速度が遅くなっていて、地域によっては最大13.3Mbpsになってしまいました。なぜ速度が遅くなっているかというと、WiMAX2+の回線を増強するためです。WiMAX2+は今年から値上げや速度制限をしたりと、回線に余裕がなくなってきているようです。

WiMAX2+というのは新しいサービスで、最大速度110Mbpsの高速回線です。また、新しい端末のWX01とW01なら最大220Mbpsの通信も可能になりました。

現在は、WiMAXのみの契約というのは基本的にはできなくて、WiMAX2+のプランしか新規契約はできません。WiMAX2+を契約すると、おまけでWiMAXも使えるようになります。

WiMAX2+には2つのプランがあります。月7GBまでの通常プランと、通信量無制限のギガ放題プランの2つです。ただし、通信量無制限とはいっても、3日で3GBまでの制限が回線の混雑具合によってはされるようになりました。

WiMAXは地域によっては速度が遅くなっていますが、まだまだ通信量制限はありません。WiMAX2+を契約するとおまけのようにWiMAXがついてきますが、これが以外と大きいメリットです。

端末によってはWiMAX2+しか使えなかったりするので、注意が必要です。