WiMAXとWiMAX2+って何が違うの?

WiMAXと一般的に呼ばれているモバイル回線には、じつは2つの種類があります。WiMAXとWiMAX2+という2種類です。いったいなにが違うんでしょうか。

ざっくり言うと、WiMAXが最初に登場した古い回線で、WiMAX2+がより新しい回線です。

WiMAXは最大速度40Mbpsで、通信量無制限なのが特徴です。しかし、今年から通信速度が遅くなっていて、地域によっては最大13.3Mbpsになってしまいました。なぜ速度が遅くなっているかというと、WiMAX2+の回線を増強するためです。WiMAX2+は今年から値上げや速度制限をしたりと、回線に余裕がなくなってきているようです。

WiMAX2+というのは新しいサービスで、最大速度110Mbpsの高速回線です。また、新しい端末のWX01とW01なら最大220Mbpsの通信も可能になりました。

現在は、WiMAXのみの契約というのは基本的にはできなくて、WiMAX2+のプランしか新規契約はできません。WiMAX2+を契約すると、おまけでWiMAXも使えるようになります。

WiMAX2+には2つのプランがあります。月7GBまでの通常プランと、通信量無制限のギガ放題プランの2つです。ただし、通信量無制限とはいっても、3日で3GBまでの制限が回線の混雑具合によってはされるようになりました。

WiMAXは地域によっては速度が遅くなっていますが、まだまだ通信量制限はありません。WiMAX2+を契約するとおまけのようにWiMAXがついてきますが、これが以外と大きいメリットです。

端末によってはWiMAX2+しか使えなかったりするので、注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>